信頼の技術を低価格でご提供致します!

自社販売・自社施工だから安心頂けます!

太陽光発電システム販売・施工において、販売店と施工店が違う場合、打合せなどの不備があっても、「両者間で費用が発生する」「施工店のスケジュールが詰まっているため遅延できない」などの理由から無理して設置をしてしまい、設置工事が原因でシステム問題発生の原因となりうるケースが増えています。
その結果、後に水漏れを起こしたり、屋根の破損原因につながることです。

殆どの太陽光発電システム販売店では、自社では施工は行わず、施工店に依頼することがあります。一見すると合理的に思われますが、販売員の施工知識の不足や現場の打合せ不足から瓦が規格外で通常の支持瓦施工ができなかったり、配線が床や天井や壁の中を通すことができずか表面を這わすことになったり、メーカーの施工基準を満たしていないため災害補償が受けられなかったり、様々問題が噴出しています。

自社施工であれば、打合せの不備や施工トラブルを避けることができます。
仮に不備が発見できても販売と施工が同じ会社なので責任の所在がはっきりしていますので、スムーズな対処ができます。

当社が経験したトラブルの一例

当社も、トラブルに見舞われたお客様からご相談をお受けしたことがあります。
やはり、販売店と施工店が違っていたケースです。
本来、受注契約をし、瓦の打合せミスを起こした販売店が、責任を取るべき状況だったのですが、水漏れを起こした時には販売店がつぶれてしまっていました。

潰れた販売店が二次店であったため、二次店を傘下としていた太陽電池メーカーとの直接取引店に話をもっていかれたのですが、結局、責任の所在がはっきりせず有耶無耶になりました。

当社は、お客様に相談されたので、考えられるアドバイスをさせて頂いたのですが、当社が販売施工した物件でないため、太陽電池メーカーから首を突っ込まぬよう注意を受け、悔しい思いをしたことがあります。

人がやることなので、100%間違いを犯さないとは言い切れませんが、ミスやトラブルの発生を最小限にする体制を築き、お客様に流石と言われるよう創意工夫と技術向上を日々行っていくことが我々の勤めであると確信しています。

低価格の販売施工ができる訳

冒頭でお話致しましたように、当社は個人住宅の建築をされている企業様とのお取引が多く、新築やリフォームの場合、設置までの期間に余裕があり、工程表でのスケジュール管理を計画的に行うことができます。

また、新築やリフォームの場合、太陽光発電システムの完成まで3~4工程に分かれることが一般的で、一度に大人数を必要とせず、スケジュール管理を上手く行えば、施工担当者の割り振りを無駄なく行うことができ、効率化が図れます。
更に、製品や部品を一括購入することで、送料等の削減を図ることができます。

この技術ノウハウと低価格を皆様にお届け致します。

設置価格帯

太陽電池モジュールの種類や設置条件や設置する発電出力で価格は変動します。スタンダードタイプの太陽電池モジュールを設置する場合では、工事費も含め1kW当り50万円/kW~60万円/kW(消費税込み)が当社の販売施工の目安となります。
一般的に発電出力を多くすればするほど、1kW当りの施工単価は安くなります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ