三菱

高効率太陽電池セルの大型化を行い、出力をより大きくすることに成功した三菱、さらにセルの間隔を広げて、バックフィルムからの反射光も無駄なく取り込むことが出来るのが特徴です。

さらに新開発のプロテクションバーの採用により積雪1.5mの多雪区域まで設置が可能になり、それにともない、強度も以前に比べアップしました。

外観に関しても、横のラックを不要にしたため、外観の美しさが向上しました。

パワーコンディショナーの変換効率(最大97.5%)が他社より高いので電気のロスが少ないのが大きな特徴です。

※2: 設置条件により特定の画面表示が出なくなることがあります。画面はVHSビデオ相当の画質です。テレビによって文字や線のにじみ、ちらつきが気になる場合があります。4:3のテレビに接続すると画面の上下に黒い帯が入ります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:太陽光製品の概要

このページの先頭へ