HONDA

CIGS薄膜太陽電池は、銅・インジウム・ガリウム・セレン(CIGS)を材料とした化合物半導体で出来ています。

太陽電池を薄い膜状の半導体とすることで、製造時に消費するエネルギーや、排出するCO2を少なくすることで、製造時に消費するエネルギーや、排出するCO2を少なくすることができました。薄膜太陽電池は資源を有効に使うことで省資源にも貢献しています。

さらにCIGS太陽電池は結晶系シリコン太陽電池と比較し、発電する光の波長領域が広いため、明け方から夕暮れまで発電時間が長くなる特徴を持っています。

これにより発電する総量も同じ同じ出力の結晶系シリコンと比較して上回ることとなり、売電する電気の量が増えてお得になります。

最後にHONDAの太陽電池の特徴としてHONDA独自の高電圧モジュールを採用しています。

これは1枚1枚の太陽電池の電圧が高いため、全並列接続方式が可能になり、(基本は直列接続)従来太陽電池に影などが映りこんでしまうと全体的な電圧低下を起こしてしまいますが、HONDAの太陽電池は影による電圧低下を起こすことが無く、安定した発電性能を発揮することが出来、影の影響に強い特徴を持っていると言えます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:太陽光製品の概要

このページの先頭へ