シャープ:スレート工法~太陽光発電システム取付け完成まで

スレート工法ギャラリー

スレート工法~太陽光発電システム取付け完成まで

まず、太陽光を取付けをする位置を決めるために墨出しをします。

墨出しで位置を決めたら、屋根にS横桟スレート金具を取付けていきます。

スレートのみに貫通する穴をあけます。野地板ルーフィングには穴はあけません。強度不足や雨漏りの原因になります。

穴をあけた場所にスレート粉が発生するので、掃除機などで集塵します。

集塵が終わったら、穴をあけた場所にスレートブチル(防水効果)を挿入ます。

スレートブチルは4箇所の穴に差込みます。

スレートブチルを差込んだ後、押し込みながらネジ止めをします。

その後、横桟を取付ける為にSタップ金具を棟側からいれます。

全てのS横桟取付金具にSタップ金具を取付け後、横桟を取付けていきます。

横桟に太陽光モジュール1枚ずつ取付けていきます。

太陽光モジュールがはずれないようにしっかりと固定します。

太陽光発電システム設置完了です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ