太陽光発電を購入する前のポイント!

  • 太陽光発電の選び方のポイント①

    太陽光発電システムは、どのメーカーの製品も同じように見えますが、価格の違い、発電効率の違いや陰の影響の違い、夏場の温度上昇による発電効率の劣化の違い、電気を発生させる光の利用域の違いなど、太陽電池や周辺機器の性能に差異があります。また、各メーカーにより設置するための施工基準に違いがあり、且つ、災害保障にも違いがあります。

  • 太陽光発電の選び方のポイント②

     施工については、自社施工や他業者に依頼されるところなど業者のレベルの差もあります。先ず、太陽光発電システムを選定する際、何に最も重点を置くか、お客様が明確な考えを持つことが大事です。次に、選定の基準をはっきりされたら、複数の業者を選定し説明を受けることが大切です。メーカーも業者も、優れているところは強調し、劣っているところは隠したがるものです。複数の業者の話を聞くことで、業者のレベルや格メーカーの太陽光発電システムの理解が深まります。ただ、あまり沢山の業者に依頼されますと、断わるときに大変になりますのでご注意ください。

  • 太陽光発電の選び方のポイント③

     太陽光パネルの性能や設置価格、年間発電量、耐久性、山や建物等陰と日照量などがあります。性能に重点をおいて選定される場合、太陽電池の性能の目安として、変換効率が良く比較の対象にされますが、変換効率とは自然光に近い光1000kWを太陽電池モジュールにあてて何kWの発電ができるかを%で表現した数値です。但し、この変換効率には、セル変換効率とモジュール変換効率があります。セルが集まって1枚の太陽電池モジュール(太陽光パネル)に成ります。セル変換効率が良くても、セルとセルを接続する際に発電でロスが生じますので、変換効率は低くなります。

このページの先頭へ