長寿命で維持管理が簡単

 太陽電池は当初、住宅用に開発されたものではなく、灯台や人工衛星など保守や修理等、メンテナンスが困難な場所の電源として開発されました。灯台用には1966年に設置された長崎県の尾上島灯台を皮切りに現在では約2500ヶ所の灯台で設置されています。太陽電池そのものを構成するシリコンは半永久的に稼動すると言われています。また太陽電池の表面は強化ガラスでカバーされ、腐食することもありません。稼動部分や振動部分もないので、非常に故障しにくいと言えます。各メーカーとも期待寿命を20年以上としています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ